おすすめアプリ紹介
アイスボーン 装飾品集め 効率 当たり

MHW(モンハンワールド)アイスボーンの装飾品集めで効率的に当たりを出す歴戦イビルジョーの痕跡を利用した危険度3歴戦調査クエストの入手方法をまとめています。アイスボーンの装飾品集めで当たりを出すために効率的なのはマカ錬金と歴戦調査クエストですが、おすすめは危険度3の4枠や5枠の調査クエストを入手し、周回が効率的です。

アイスボーンから始めたプレイヤーもMHW時の当たり装飾品が欲しい際は、個人的にはアイスボーンの調査クエストをメインに装飾品集めを行って良いのではないか?と体感しています。

『アイスボーン』装飾品の集め方はマカ錬金と歴戦調査クエスト

アイスボーン 装飾品集め 効率 当たり

アイスボーンでテンプレ装備や一般的に言われる最強装備の構成をする際に度々問題となるのが、当たり装飾品(レア度が高く優秀)の装備。

装飾品の集め方として「マカ錬金」「調査クエスト」で集める2つの方法を紹介しますが、「歴戦調査クエスト」での装飾品集めが基本でおすすめのの方法です。

「マカ錬金」古代竜人の錬金術-霊脈の錬金術Ⅱ-

アイスボーン 装飾品集め 効率 当たり
「刻まれた珠」を繰り返し錬金し、当たり装飾品の入手を狙う

  • 必要な素材

霊脈の剛竜骨×5
調査P:550
装飾品1つに対し80p使分の装飾品を変換させる

「歴戦調査クエスト」危険度2や3の4枠5枠などをひたすら周回する

アイスボーン 装飾品集め 効率 当たり

「刻まれた珠」の入手がしやすいのは危険度2や危険度3の調査クエストになるので、できるだけ報酬枠の多いクエストで効率的に装飾品を入手していく。

「歴戦クシャルダオラ」は時間がかかる可能性が高いので、装飾品集めの周回モンスターとしてはあまり効率は良くないと思います。

スポンサーリンク

『アイスボーン』装飾品集めのおすすめは危険度2、3の歴戦調査クエスト

まず、「マカ錬金」で装飾品集めをする方法は余りの装飾品や調査ポイントが豊富なプレイヤーに限られています。さらに導きの地の素材である「霊脈の剛竜骨」も多数必要となるので、「マカ錬金」を使用した装飾品集めはオマケのガチャ要素として考えた方が良いです。

一方「調査クエスト」はソロであれば散弾ヘビィなどを使用すれば10分かからずに周回をすることが可能で、通常のマルチプレイでも長くて15分、大体10分前後で終わることが多いです。

また、当たり装飾品を狙いつつ「マカ錬金」で交換する用の余りの装飾品も同時に集めることができます。

でも最初は危険度が高いクエストや枠の多い「歴戦調査クエスト」自体を入手するのが大変なんですよね。

そこで次に紹介するのが「イビルジョー」などの痕跡を使用した「歴戦調査クエスト」集めです!

スポンサーリンク

『アイスボーン』調査クエストを歴戦イビルジョー痕跡から効率的に入手

アイスボーン 装飾品集め 効率 当たり

歴戦イビルジョーの調査クエストに参加するには、古龍同様MR100以上が必要となります。

危険度3の調査クエストを効率的に集める方法としておすすめなのが、「怒り喰らうイビルジョー」の痕跡を集めて調査レポートを大量に入手していく方法です。

MR100以上が条件となる歴戦古龍は足跡などの痕跡が少ないです。地道にテオ・テスカトルやナナ・テスカトリなどを倒しながら、調査クエストを集めても良いですが痕跡の多いモンスターで調査レポートを出していった方がクエストは集まりやすいです。

危険度3の調査クエストをあまり所持していない場合は、迷惑のかからない範囲で他プレイヤーの救難「怒り喰らうイビルジョー」などで痕跡を回収しつつ狩猟・捕獲して調査レポートを狙いましょう!

「怒り喰らうイビルジョー」の痕跡だけでなく「歴戦ラージャン」痕跡・足跡が多くおすすめですね。

装飾品集め用の歴戦調査クエストを効率的に集める

装飾品集め用の調査クエストを最初に大量入手したい場合は、上記の「怒り喰らうイビルジョー」の調査クエストを出してからソロでクエストを受注します。

その後「隠れ身の装衣」を着つつ、イビルジョーが落とした足跡などの痕跡をひたすら集めていきます。

フィールドはイビルジョーの巡回ルートが狭い「瘴気の谷」がおすすめですが、瘴気の谷が無い場合は別フィールドで集めていきます。

痕跡をある程度集め終えたら、そのままイビルジョーなどを倒して、もう一度新しく受注し痕跡集め→討伐などお好みで調整。

30分くらいでもそこそこ調査クエストを集めることができるので、集めた調査クエストを自分がホストとなってクエストを受注し、ソロやマルチなど主体的に装飾品集めを行っていくことができます!

『アイスボーン』装飾品の当たりはMHW時代のものも出る?

モンハンワールド時代の当たり装飾品やレア装飾品とされていた「匠珠」などもMRの危険度3の歴戦調査クエストから出現します。

なので、アイスボーンから始めたプレイヤーもひとまずはMR100以上にして危険度3などの調査クエストに着手し、装飾品の当たりを狙っていくのがおすすめです。

MHWの装飾品救済イベントクエストはやるべき?

MHW時代の当たり装飾品はもちろん、アイスボーンの当たり装飾品もMR100以上の調査クエストで同時に狙うことができるので、個人的にはMHWの装飾品救済クエストである「我が名はヴォルガノス」「窮賊、ハンターを噛む」はあまりやらなくてもよいと思います。

しかし、一度に入手できる装飾品の量は非常に多いので自分のアイスボーンの進行度や手持ち装飾品の充実度でやるべきか?やらないべきか?を判断しましょう。

『アイスボーン』装飾品の当たりを狙ったテーブルやスナイプは修正

ver10.12アップデート後より、装飾品の抽選確率の不具合が修正。

過去に話題となった装飾品のリセマラやスナイプなどの方法は使用不可に。

設定されている完全固定の装飾品テーブルの順番で装飾品を入手するようになります。

アイスボーンの装飾品集めで効率的に当たりを出すイビル痕跡の利用まとめ

アイスボーンの装飾品集めで効率的に当たりを出す方法は「調査クエスト」の周回!

これが一番おすすめだと私は考えています。

なので、装飾品集めを効率的に行える危険度2や3などの「歴戦調査クエスト」を沢山入手することが装飾品集めで大事なことです。

古龍はあまり痕跡を落とさないので「怒り喰らうイビルジョー」の足跡・痕跡が良い調査クエストを出すのにおすすめですよ!

一応「マカ錬金」でも【痛撃・体力珠】など強い装飾品も入手できますので、調査クエストや導きの地を少し周回したら「マカ錬金」も試してみてくださいね(^^)

スポンサーリンク
おすすめの記事