MHWアイスボーンのオルムング(氷刃ベリオ)防具を使用した徹甲ヘビィのおすすめ装備を紹介しています。

オルムング(氷刃ベリオ)防具を3部位使用し、シリーズスキルKO術・極意とKO術レベル5を発動させたスタンを狙う立ち回りの徹甲ヘビィ装備です。

オルムング防具により発動させにくかったKO術レベル5を自然な形でスキルに入れることが可能です。

オルムング防具使用の徹甲ヘビィ装備、KO術Lv5発動【MHWアイスボーン】

オルムング防具を使用したKO術レベル5の徹甲ヘビィ装備はこのような形です。以下で装飾品などを含め解説していきます。

武器には激昂ラージャンヘビィの鬼神雷砲【獣神】を使用しています。

オルムング徹甲ヘビィ装備の防具構成と装飾品

装備(①などは装飾品空きスロット)装飾品
鬼神雷砲【獣神】-
EXオルムングヘルムβ④②①鉄壁・解放珠、無傷珠、攻撃珠
EXエスカドラソウルβ④①①鉄壁・解放珠、砲術珠、砲術珠
EXオルムングアームα②②無傷珠、無傷珠
EXエスカドラマイトβ④①鉄壁・解放珠、砲術珠
EXオルムンググリーブα①①

鉄壁珠、鉄壁珠

業物の護石-

装飾品の難易度が低いので作成しやすい点がおすすめポイント!

オルムング徹甲ヘビィ装備のおすすめポイントは装飾品的に装備作成の難易度が他のライト・ヘビィ装備と比較すると低い点がまずおすすめです。

エスカドラソウルβの発動スキルで体力増強Lv3を確保できているので、レア装飾品である「解放・体力珠」などを必要としないので作りやすい装備。

オルムングアーム・グリーブαを装備するだけでKO術がレベル5になる

通常であれば2スロット以上の枠にKO珠を装備し、KO術を徹甲ヘビィに付ける形になりますがオルムング徹甲ヘビィであればオルムングアーム・グリーブαのみでKO術のレベルを最大にできます。

わざわざα防具を使用しているだけあって、この運用ならβ防具よりも優れた使い方が可能です。

スポンサーリンク

オルムング徹甲ヘビィ装備のおすすめスキル

オルムング 徹甲ヘビィ KO術

このオルムング徹甲ヘビィの核となるスキルを紹介していきます。非常にシンプルなスキル構成ですので、ガード強化がモンスターの相性によって必要かどうか?くらいであまりいじる必要はありません。

氷刃ベリオのシリーズスキル【氷牙竜の絶技】KO術・極意

追加モンスターの「氷刃佩くベリオロス」の防具シリーズスキルを最大限活かせる装備に仕上がっています。

KO術はレベル3とレベル5の変化ですが、徹甲ヘビィであればKO術をレベル5にしたメリットは出てきやすい気がします。

普段、私は徹甲ヘビィ装備を使用するときはKO術はレベル3にせず、レベル1止めにして使っています。(レベル1でも効果が十分でそれなりにスタンが取れるから)

10分弱のクエストで3回のスタンとかは取れるので、それ以上の回数が期待できそうです。(下記で鳴神でスタン何回取れるか?試してます)

フルチャージで火力上げて砲術レベル3の不足分を補う

鬼神雷砲【獣神】の徹甲ヘビィ装備は業物の護石、歩きながら徹甲榴弾Lv3を撃てる、装填数の多さから「フルチャージ」を発動させやすいです。

モンスターに徹甲榴弾を当てておくことで、ガードの削りダメージを時間差で回復カスタムで回復し、またフルチャージを発動させたり、体力ゲージを安全圏に持っていくようにするのも意識。

回復量が想像以上に多いのでフルチャージの維持を鬼神雷砲【獣神】の徹甲ヘビィはしやすい装備です。

砲術Lv5とのダメージの差ですが、あまり気にならない程度のダメージは出ます。

スタンを多く取れれば自分や他プレイヤーの攻撃チャンスも増えるので、クエスト時間がやや長引くモンスターや動きを止めたいモンスターに対してはとても効果的です。

スポンサーリンク

オルムング徹甲ヘビィで『鳴神上狼荒事を成す』周回スタン5、6回取れます!

オルムング 徹甲ヘビィ KO術

このオルムング徹甲ヘビィでジンオウガの球集めクエストである『鳴神上狼荒事を成す』を少しだけ周回してみました。

ネコのKO術は付けませんでしたが、KO術レベル5だと鳴神ジンオウガでスタンが5、6回狙えますかね。

『鳴神ジンオウガ周回』にもおすすめの徹甲ヘビィ装備かも

KO術レベル1の装備で鳴神に行くと3回くらいのスタン回数が私の場合では多いのですが、KO術レベル5のオルムング徹甲ヘビィの使用でいけば5回くらいのスタンは狙っていけそうです。

特にジンオウガは近接であれば傷付けを行って肉質軟化を狙いたい相手でもあり、大技を当てたい大剣や太刀にとってはスタンが入るとかなり有難いはずです。

オルムング徹甲ヘビィの立ち回りや使い方

クエストのクリアタイムにもよりますが、鳴神は装飾品集めの周回目的の人が多いのでプレイヤーの腕前はかなりバラつきやすいです。そういう意味でジンオウガの動きを何回も拘束できるオルムング徹甲ヘビィの安定感はマルチで輝きそう!

フレンドのクエスト手伝いでサポートするときや普段の周回が少し疲れたときにもKO術・極意で少し気分転換をするのもおすすめですよ!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事