MHW(モンハンワールドアイスボーン)太刀装備のテンプレ装備である達人芸採用カイザー型防具の装備紹介です。アイスボーンの太刀装備に必須級と言える達人芸のスキルを発動できるのはアイスボーンの防具ではカイザー型のみなので正にテンプレ装備です!

今回は武器に「飛竜刀【月】」の太刀を使用する仮定での装備紹介となりますが、汎用性が非常に高く、カイザー防具の構成は現状あまり変化しませんので、「天上天下天地無双刀」などを使用する際は装飾品や護石を調整してみてください!

まだ太刀を使い始めて間もない方や進行度が間に合っていない初心者の方はこちらをごらんください(^^)

現在のモンハンアイスボーンの主流の太刀装備はカブカカブの達人芸の構成がテンプレです。

以下にカブカカブの構成太刀装備の記事を用意していますので、最新版のカイザー達人芸装備はそちらをご参照ください。

この記事はこの記事でアイスボーン発売当初のテンプレ装備の歴史みたいな感じで残したいと思っています。

『アイスボーン』太刀装備の旧テンプレカイザー型

アイスボーン 太刀 スキル 構成 優先
テオ・テスカトルなどを普段狩るのにも重宝してます!

発動スキル

  • シリーズスキル「達人芸」
見切りLv7挑戦者Lv5攻撃Lv4
気絶耐性Lv3体力増強Lv3超会心Lv3
弱点特攻Lv3爆破属性強化Lv2熱ダメージ無効
力の解放Lv1ひるみ軽減Lv1整備(装衣着用時)

装飾品の着用例

アイスボーン 太刀 テンプレ 達人芸 カイザー
装飾品のポイント

心眼やさらに火力を求める場合は装飾品を変えることで、発動可能です。

気絶耐性のスキルにより生存を強化、ひるみ軽減はマルチで

「気絶耐性」のスキルをLv3で積むことができるので、テオ・テスカトルなどを普段気楽に狩ることができます。立ち回りが苦手なモンスターや事故防止のスキルとして「気絶耐性」をおすすめしているので別のスキルや属性耐性を上げるなどでも防御面は強化できる。

「ひるみ軽減」はマルチ用としておすすめ。

挑戦者Lv5で会心率100%以上を簡単に出すことができ、火力底上げに

カイザー装備の達人芸に必須とも言える100%会心率はもちろん、「飛竜刀【月】」の太刀のカスタム強化を終えれば、「挑戦者Lv5」でクラッチクローの傷無しでも「弱点特攻3」が入れば100%以上の会心率を出すことができる。

弱点じゃなくても基礎会心は65%

達人芸や装備を組む際に会心率は必ず100%にする必要はありませんが、「飛竜刀【月】」は最初から10%の会心率とカスタム強化で20%にしておくことで弱点部位への攻撃でなくても65%の会心率と非常に高くなっています。

また毒属性なので、様々なモンスターに対して使用できる汎用性の高さも魅力的。

『アイスボーン』太刀のテンプレ装備達人芸はなぜ強い?

アイスボーン 太刀 スキル 構成 優先

太刀のカイザー装備で達人芸を活かした構成は、アイスボーンの現在の装備構成においてテンプレであり個人的に最も強い構成の1つであると思っています。

以前は上記のようなEXレックスロアの満足感型の装備も使用していましたが、EXレックスロアヘルムの下方修正と慣れてくれば、達人芸型の方が斬れ味を心配する必要なく攻撃が可能です。

『アイスボーン』太刀のカイザー装備の入手方法はテオ・テスカトル討伐

アイスボーン 太刀 テンプレ 達人芸 カイザー

アイスボーンのEXカイザー装備の基本素材はテオ・テスカトルの討伐となります。

アイスボーン太刀のテンプレは達人芸カイザー型!生存スキルや挑戦者レベル5も発動まとめ

アイスボーンの太刀のテンプレ装備であるカイザー達人芸を活かした装備構成の紹介でした!

「挑戦者Lv5」により高い会心率とダメージを。発動時の火力はかなり高いので段々とそれ以外の装備構成を使用しづらくなりました。

そして、今回の装備はマルチプレイでも他プレイヤーに迷惑をかけにくい「気絶耐性Lv3」の生存スキルと快適度が増す「ひるみ軽減」を入れましたのでマルチプレイでも安心です(^^)

どの装備でもそうなのですが、カイザー装備を使用するまでに「回復は秘薬7個以内」で調査クエストなどをクリアすることを私は心掛けていて、今では秘薬7個も使用しないのでほとんど達人芸型の太刀装備でクエストに行っています。

まだ太刀の立ち回りや使用回数が低く慣れていない方は、満足感を使用したEXレックスロア型も秘薬を使いまわせるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事